月の旧暦・新暦の関係表(新月⇔旧月・読み方・由来)!

今回は、「2月の旧暦って何なの?」とか、「睦月って、なんで睦月なの?」といった疑問に答えられる表を作成しました。

この表を見れば、読み方も、由来も一目瞭然です!

Sponsored Link


以下が、「新月」と「旧月」との関連付けや、読み・由来をまとめた表になります。

新暦 旧暦 よみ 由来
1月 睦月 むつき 正月に親類や知人が集まり、親交を深めて仲睦まじくする様子から「睦月」となった。
2月 如月 きさらぎ まだ寒いので衣(きぬ)を更に着ることから「衣更着(きさらぎ)」となったとする説や、草木が生え始めるので「生更着(きさらぎ)」、草木の芽が張り出すので「草木張り月(くさきはりづき)」が転じたとするなど様々な説がある。
3月 弥生 やよい 木や草が生い茂る「木草弥生月(きくさいやおいづき」からきているといわれる。
4月 卯月 うづき 「卯の花」が盛りに咲く頃のため「卯月」と呼ばれる。
5月 皐月 さつき 早苗(稲の苗)を植える月「早苗月(さなえづき)」が略され、「さつき」と呼ばれるようになった。
6月 水無月 みなづき 旧暦の6月は酷暑の最中。水も枯れ尽きる様子から水無月と呼ばれる。
7月 文月 ふみづき 七夕に短冊を飾ったり、詩歌を献じる風習にちなんで文月と呼ぶようになった。稲穂がふくらむ月であることから「含み月(ふくみづき)」→「ふみづき」となった説もある。
8月 葉月 はづき 旧暦の8月は現在の暦では9~10月頃にあたり、葉が落ちる月「葉落ち月」から「葉月」になった。稲穂が実る月「穂張り月」の「張り月」から「葉月」になった説もある。
9月 長月 ながつき 夜が日増しに長くなっていくので「夜長月(よながつき)」、または雨が長く降るので「長雨月(ながあめつき)」からきているといわれる。
10月 神無月 かんなづき 全国の神様たちが出雲大社に集う月。各地の神々がいなくなることから神無月と呼ぶ。雷が鳴らない月なので「雷無月(かみなりかりづき)」、新酒を醸す月なので「醸成月(かみなしづき)」が転じたとする説もある。
11月 霜月 しもつき 朝霜が降りる「霜降月(しもふりづき)」が略されて霜月になった。
12月 師走 しわす 1年の最後の月は、普段落ち着いている師(先生)でさえ走り回るほど忙しい月なので「師走」というのが一般的だが、師匠の僧がお経をあげるために東西を馳せる(走る)月という意味の「師馳せ月(しはせづき)」が語源だとする説もある。

さいごに

今ほど文明や化学が発達していなかった時代、人々は旧暦で季節の移り変わりを感じ取ってきました。

旧暦の月の由来からしても、旧暦が自然の繊細な変化をもとに作られている事がわかりますね。

ちなみに、二十四節気と七十二候もまた、季節の移り変わりを感じ取るために中国で生まれました。

二十四節気と七十二候については、こちらで詳しく記事にしていますので、参考にしてみてくださいね。
 二十四節気と七十二候まとめ(カレンダー・由来・読み・意味・伝統色コード・季節感)

それでは。

Sponsored Link


この記事はお役に立てました?

お役に立てましたら共有お願いします♪(*´∀`)