システムエンジニアになるには?30歳でIT業界へ転職できた秘訣を公開!

私は、プログラマー・SEとしてのキャリアが8年ほどあります。

だいたい30歳~38歳くらいまでです。

プログラマーになる前の2年間は、タクシードライバーでした。

そんな経歴でも、業界に慣れた後は、2次、3次請けではありましたが、SE(システムエンジニア)として設計なんかもやってました。

富○通や、N○C、日○、松○、NT○データ、CT○など、大企業の人達とも一緒に仕事をしてきました。

この記事では、ガテン系の仕事しかやったことなかった私がどうやってプログラマーになり、最終的に年収620万のSEになれたのかを書きました。

これからプログラマーになり、システムエンジニアとして活躍したい方に参考になる記事です。

「システムエンジニアになるには?30歳でIT業界へ転職できた秘訣を公開!」の続きを読む…

暦の種類と成り立ち!新暦と旧暦の違いとは?

旧暦は、現在使われている「新暦」とはズレがあり、大雑把に言えば、旧暦の方が1ヶ月ほど早く季節が進んでいます。

なぜ、このようになっているのか、「暦の成り立ち」から紐解いてみました。

さらに、暦の成り立ちから分かった「新暦と旧暦の違い」についても整理してみました。

「暦の種類と成り立ち!新暦と旧暦の違いとは?」の続きを読む…

子供に教える「うるう年」!なぜ必要?もしなかったら?計算でわかったルールの意味とは?

うるう年のルールはみなさんすでにご存知かもしれませんが、次のようになっています。

■うるう年ルール

1.西暦が4で割り切れる年はうるう年
2.西暦が100で割り切れる年はうるう年ではない
3.西暦が400で割り切れる年はうるう年

でも、なんでこんなルールになるのか分かりますでしょうか?

そこには、「地球」と「カレンダー」の抜きつ抜かれつのデッドヒートがありました。

この記事では、「地球」と「カレンダー」の時間の進み具合を計算してみて、「うるう年のルールはなぜそうなったのか」を考えてみました。

おそらく小学生が読んでも理解できるくらいの内容にはなっていると思います。

なかなかうるう年をわかりやすく計算している記事はないので、この記事はお役に立てると思いますよ♪

「子供に教える「うるう年」!なぜ必要?もしなかったら?計算でわかったルールの意味とは?」の続きを読む…

二十四節気と七十二候まとめ(カレンダー・由来・読み・意味・伝統色コード・季節感)

このページでは、二十四節気と七十二候に関するあらゆる情報を1つにまとめました。

具体的には、次のことをまとめて表にしています。

  • 二十四節気と七十二候カレンダー(2015~2024)
  • 二十四節気と七十二候の読み方と意味一覧
  • 七十二候の伝統色とカラーコード一覧

また、次のことについても詳しく記事にしています。

  • 二十四節気と七十二候とは?
  • 二十四節気と七十二候の頃がどんな季節か

気になるところから読んでみてくださいね。

「二十四節気と七十二候まとめ(カレンダー・由来・読み・意味・伝統色コード・季節感)」の続きを読む…